印刷図書館だより

印刷図書館が運営するブログです。 『印刷図書館』のこと、ひいては『印刷』に関連する情報(展示・企画展、蔵書、新刊・雑誌案内etc.)を発信していきます。 印刷図書館HPはこちらから

先日、ブログでもご案内しました千代田区大手町の東京サンケイビルにて
開催中の「第74回全国カレンダー展 受賞作品展示会」に行ってきました。

B1Fブリックギャラリー

東京サンケイビルは地下鉄大手町駅のE1・A4出口直結ということで、
アクセスしやすくて便利 ♪ 

と、思いきや今回使った路線の関係で、E1・A4出口が遠いいっ……!

どこだ……出口はどこに……。

案内板に導かれるように突き進んでいくとそこには

大手町A4出口

あった!!
入口です。うーん、これはわかりやすい。

大手町駅は広いので、出口までが少々と遠く感じるかもしれませんが、
駅前5分の距離、と思えば全く苦になりません。

さて、そのまま階段を上っていけば

大手町A4出口 ギャラリー入口

目の前には展示会場となるブリックギャラリーの登場です!!
ちなみにこちらはA4直結出口側です。
ブリックギャラリーB1F側となります。

さて、肝心の展示会場はというと


B1Fブリックギャラリー2

B1Fブリックギャラリー3
(B1Fブリックギャラリー)

B2Fブリックギャラリー
B2Fブリックギャラリー2
(B2Fブリックギャラリー)
奨励賞受賞作品コーナー
(B2Fプロモコーナー2:奨励賞受賞作品コーナー)


こんな感じです。

ちなみに1月30日・31日に限りB1Fのプロモコーナーで受賞作品の
チャリティー販売コーナーもありました。

チャリティー販売コーナー1
         (B1Fプロモコーナー1:チャリティー販売コーナー)

壁に受賞作品が吊るされており、カレンダーにはそれぞれ「部門名」
「作品名」「発行者」「クリエイティブディレクター」「アートディレクター」
「デザイナー」「作家」「本文用紙・版式・色数」「作品コメント」が
載ってる作品カードがついています。

写真を見ていただくとわかると思いますが、こちらの受賞作品カレンダー、

直接触ってOK!(※感染予防対策のため手指を消毒してからとなります)
好きなだけめくってOK!!


となっています。月毎に代わるカレンダーの紙面を存分に堪能できるように
なっていました。

カレンダーによっては箔押しや擬似エンボス加工といった特殊加工が施されている
ものもあり、好きなように触れることが出来るのはいいですよね。

さらさら。ツルツル。ざらざら。
見て、触れることで初めてわかる、印刷技術の凄さ。

デザイン・グラフィックもそれぞれ作品のテーマに合わせた工夫があって、
そのままインテリアとして楽しめるようなものも多かったです。

なかでも、発想の転換といいますか、紙だけが印刷じゃない。
受賞作品の中には布製のカレンダーもあって、そういうのもアリか!
なんて、目からウロコでした。


こちらの展示会は、2月3日(金) 10:00-18:00までやっています。
お時間のある方、近くをお通りの方。
デザインや印刷に興味のある方。

ぜひ実際にカレンダーに触れてみてください。
思わぬ発見があるかもしれません。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【日 程】 
 東京会場 2023年1月30日(月)~2月3日(金) 10:00 - 18:00
 大阪会場 2023年2月21日(火)~3月2日(木)  9:00 - 17:00
【場 所】 
 東京 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル
 大阪 大阪市中央区南船場2-3-23
【会 場】 
 東京 東京サンケイビルB1F・B2Fブリックギャラリー
 大阪 平和紙業ペーパーボイス大阪
※会場スペースの関係で、実行委員会奨励賞は東京会場でのみの展示となります。

詳しくは→こちら
お問合わせ先 全国カレンダー展事務局 TEL 03-5443-7607

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



日仏文化講座「中世・ルネサンスのテクストとイメージ」チラシ

2023年2月25日(土) 13:00~17:00より、
日仏会館にて、公益財団法人日仏会館主催のシンポジウム
中世・ルネサンスのテクストとイメージ―写本から揺籃期本へ(日仏会館文化講座)
が開催されます。

手写本の細密画が技法としても表現様式においても
頂点に達したのは15世紀ですが、ほぼ同じ時期に印刷術の実用化が始まり、
書物の革命ともいうべき大きな変化が生じました。
新しい技術は同一物の複製を可能にして情報伝達の質と量を
飛躍的に高めましたが、その一方で細密画の豊かな色彩が
木版画の白と黒二色に取って代わられます。
当初、活版印刷は字体にしてもページレイアウトにしても
手写本の再現を目指していたのですが、やがて印刷物として
独自の発展を遂げることになります。こうした変化を含め、
中世とルネサンスにおけるテクストとイメージの諸相、
両者の関係についてさまざまな角度から考察を試みます。

なお、こちらは事前申し込みが必要となります。
参加方法によって申し込み先が異なりますのでご注意ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

(公財)日仏会館主催 シンポジウム
「中世・ルネサンスのテクストとイメージ―写本から揺籃期本へ」
※事前申し込みが必要です。参加方法によって申込みサイトが異なります。
※申込締切は満席になるまでとなります。定員に達した場合、
 早期終了になることもありますので、余裕をもってお申し込みください。


【日 程】 2023年2月25日(土) 13:00-17:00
【場 所】 日仏会館ホール
【会 場】 オンライン(Zoomウェビナー500名)/オフライン(日仏会館ホール70名)
      お申し込みこちら(ホールオンライン)から
【報告者】 藤磨珠枝(立教大学)、髙木麻紀子(東京藝術大学)、高名康文(成城大学)、
       髙宮利行(慶應大学名誉教授)、宮下志朗(東京大学名誉教授)
【司 会】  篠田勝英(白百合女子大学名誉教授)
【参加費】 ≪ホール参加≫
       一般1,000円、学生500円、日仏会館会員無料

      ≪オンライン参加≫
       一般1,000円
       日仏会館会員・日仏会館学生オンラインメンバーシップ無料
    ※オンライン参加の日仏会館会員・日仏会館学生オンラインメンバーシップの
     申込期限は2023年2月24日(金) 17:00までとなります。


お問い合わせ先:日仏会館 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


中世・ルネサンス期といえば、書物革命。
グーテンベルグによる印刷革命が起きた時期。
そうです。金属活字を使った活版印刷の誕生です。
宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』で、主人公のジョバンニが活版所でピンセットを
使って集めていたものが、「金属活字」です。
(ちなみに、日本でこの金属活字が使われるようになったのは明治時代からです。)

このグーテンベルクの開発した活版印刷術を使って印刷されたもの
(厳密にいうとヨーロッパで1450-1500までに印刷された活字本、一枚物含む)を
インキュナブラ」といい、「揺籃期本」、「初期刊本」ともいいます。
『グーテンベルク聖書(四十二行聖書)』なんて、聞いたことある方も
いらっしゃるのでは?

そんな書物史、印刷史においても稀少なインキュナブラですが、
なんと! 印刷図書館にも実物があります。

『カトリコン』というラテン語の辞書なのですが、この辞書の1ページ(一葉)を
所蔵しているのです。

カトリコン
(印刷図書館所蔵:グーテンベルク刷『カトリコン』(1460年)の一葉)


詳しくは、こちらで紹介しています。
また、印刷図書館ではこの『カトリコン』を自由に見ることが出来ます。
(ご来館時にお申し出ください。お持ちいたします。)

他にも、写本についての資料もございます。(検索はこちらから)

シンポジウムご参加の前に、予習がてらぜひ当館をご利用ください。
ご来館をお待ちしています。





くらしと版画1
くらしと版画2


2月18日(土) 13:00~16:00より、
日本橋高島屋三井ビルディング9F日本橋ホールにて、
印刷博物主催
第3回印刷文化学会議「くらしと版画 長崎・富山・栃木にいきづく日本の心」>が
開催されます。

印刷文化学とは、これまで本格的に取り上げられることのなかった印刷と人間関係を、
文明史的なスケールの視点から捉え直し、これに携わった人類や社会の営みについて
検証を加えるものです。

今回で3回目となる印刷文化学会議のテーマは「くらしと版画」。
日本では全国各地で様々な特徴のある印刷文化が花開いています。
その中でも長崎版画、売薬版画、佐野祝い絵といった江戸期~昭和にかけての
一枚物の印刷文化にフォーカスし、それぞれの時代・地域でこれらの印刷物が
近代印刷技術との関わりの中でどのように発展したかをみます。
江戸や上方を中心にみる日本印刷史と総対比することで、
日本の印刷文化を浮かび上がらせていきます。

なお、こちらは事前申し込みが必要となります。
オンラインは2月18日(土)、会場参加は2月16日(木)までとなっています。
ぜひこの機会に参加してみてはいかがでしょうか。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

印刷博物館主催 第3回印刷文化学会議
「くらしと版画 長崎・富山・栃木にいきづく日本の心」
※事前申し込みが必要です。

【日程】 2023年2月18日(土) 13:00-16:00
【場所】 日本橋高島屋三井ビルディング9F日本橋ホール
【会場】 オンライン(Zoomウェビナー450名)/オフライン(日本橋ホール50名)
     お申し込みはこちらから
     ※応募締切:オンラインは2月18日(土)、会場参加は2月16日(木)まで
【講師】 植松有希氏(板橋区立美術館 学芸員)
     坂森幹浩氏(富山市郷土博物 館館長)
     藤田好三氏(佐野祝い絵研究家)
【参加費】無料
オンラインは2月18日(土)、会場参加は2月16日(木)

お問い合わせ先:印刷博物館 TEL:03-5840-2300

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


ちなみにですが、印刷文化学については主催者の印刷博物館様より、
書籍が刊行されています。


日本印刷文化史


当館HPにて、こちらにも掲載しています。
また上記資料以外に、過去の印刷文化学会議講演録も
所蔵しており、こちらから検索できます。

よろしければどうぞ当館をご利用くださいませ。
ご来館をお待ちしております。


このページのトップヘ